検索
映画「ラストレター」のレッドカーペットイベント&舞台あいさつに登場した福山雅治さん
1 / 1

映画「ラストレター」のレッドカーペットイベント&舞台あいさつに登場した福山雅治さん

福山雅治:戻りたい過去は老眼になる前 「文字が小さすぎて見えない」

 歌手で俳優の福山雅治さんが1月9日、東京都内で行われた映画「ラストレター」(岩井俊二監督、17日公開)のレッドカーペットイベント&舞台あいさつに出席。“過去の初恋”が描かれる映画にちなみ、それぞれが「戻ってみたい過去」を発表する一幕があり、福山さんは「基本的にはないんです」と切り出しつつ、「あえて言うなら、老眼になる前」と回答し、観客を爆笑させた。

 続けて「いつか買おうと思っていた時計があった。その時計の文字盤の文字が小さいんです。この時計が似合う大人になったら買おうと思って、ずっと先延ばしにしていた。近年買ったんですが、文字が小さすぎて見えない」とこぼし、さらに観客を笑わせていた。

 映画は、手紙の行き違いがきっかけで始まった二つの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。宮城に住む裕里(松たか子さん)は、姉の未咲の葬儀で、未咲の一人娘の鮎美(広瀬すずさん)から、未咲宛ての高校の同窓会の案内と未咲が鮎美に残した手紙の存在を知らされる。未咲の死を知らせるために裕里が同窓会に行くと、姉と勘違いされてしまう。そこで姉と同学年だった初恋の相手、乙坂鏡史郎(福山さん)と再会し、勘違いから不思議な文通が始まる……という展開。福山さん演じる男性の高校生時代を神木隆之介さんが演じる。イベントには、松さん、広瀬さん、神木さん、森七菜さんも登壇した。

写真を見る全 1 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る