検索
インターネットテレビ局「AbemaTV」の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する佐野勇斗さん(左)と飯豊まりえさん (C)AbemaTV
1 / 2

インターネットテレビ局「AbemaTV」の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」に出演する佐野勇斗さん(左)と飯豊まりえさん (C)AbemaTV

佐野勇斗:飯豊まりえと初共演で「まりえ」「はやまる」と呼び合い 「僕だけが17歳の世界で」撮入

 ボーカル・ダンスユニット「M!LK」の佐野勇斗さんと女優の飯豊まりえさんが1月7日、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で2月にスタートする、ダブル主演の連続ドラマ「僕だけが17歳の世界で」のクランクインを同局の公式インスタグラムのライブ配信で報告した。2人はクランクイン前に行われた食事会でお互いの呼び名を決め、佐野さんは飯豊さんのことを「まりえ」、飯豊さんは佐野さんのことを「はやまる」もしくは「はっぴー」と呼ぶことになったと明かした。

 佐野さんは撮影初日の感想を「探り探りだけど、皆さんがアドバイスをくれるし、すごく現場の雰囲気がいい。長時間の撮影だったが全く疲れなかった」とコメント。飯豊さんは、後日発表されるキャストが知人だと言い「ドラマで共演したことがある」「(飯豊さんが出ていた)雑誌が一緒」などのヒントを挙げた。

 さらに、佐野さんは視聴者からドラマのオリジナルポーズを募集。採用したポーズを11日に出演する、ツインメッセ静岡(静岡市駿河区)での大型ファッションイベント「SDGs推進 TGC しずおか 2020 by TOKYO GIRLS COLLECTION」の同作のコラボステージで、披露することになった。

 ドラマはオリジナルストーリーで、17年を共に過ごした幼なじみの2人の初恋を切なく描く。隣同士の家に住み、ずっと一緒に過ごしてきた高校生の航太(佐野さん)と芽衣(飯豊さん)は、お互いを意識し始めるも、卒業を待たずして航太は突然この世を去り、思いを伝えることができなかった。7年後の2020年、真冬に季節はずれの桜が咲いたことを知り、7年ぶりに故郷に帰った芽衣は、満開の桜の木の下で死んだはずの“あの日”の航太に会い……というストーリー。2月20日午後11時スタート。全8話。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る