検索
連続ドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の第7話の一場面=NHK提供
1 / 9

連続ドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」の第7話の一場面=NHK提供

観月ありさ:赤やピンクの暖色コーデ キリリとしたスーツも 連ドラ「捜査会議はリビングで おかわり!」の装いに注目

 女優の観月ありささんが主演する連続ドラマ「捜査会議はリビングで おかわり!」(NHK・BSプレミアム、日曜午後10時)の第7話が、3月15日に放送される。観月さんが演じる特殊班の刑事・森川章子の第7話の装いを取り上げる。

 今回、章子は赤系のVネックトップスにベージュのカーディガンを羽織ったコーデや、ゆったりとしたピンクのボトムにざっくりとしたニットを合わせた装いなど、暖色系のコーデで登場。グレーのスーツ姿や、カーキブルゾンと黒のパンツを合わせたクールな装いなども見せる。

 ドラマは、2018年に放送された連続ドラマ「捜査会議はリビングで!」の続編。秘密裏に犯罪の芽を摘む刑事・章子と家事が大好きなミステリー作家の晶(田辺誠一さん)の夫婦が、大小さまざまな事件や謎を解決するホームコメディー。

 第7話で章子は、晶が恐喝されたのは自分が人に言えない仕事をしているせいだと考え、特殊班に辞表を出す。しかし晶は自分が小説家を引退して家庭に入ると譲らない。一方、そんな両親をよそに、一人息子の直(庵原匠悟=いはら・しょうご=さん)は松井巡査(松下洸平さん)が入院する病院で広まる「眠り姫」のうわさを聞きつけ、その正体を追いかけはじめる。運命の恋というキーワードを知り、章子と晶のなれそめを尋ねるが……と展開する。

写真を見る全 9 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る