検索
上白石萌音さん主演の連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のワンシーン(C)TBS
1 / 9

上白石萌音:“鬼編集長”菜々緒は「おちゃめ」 「ボス恋」撮影で胸キュンも?

Twitterでシェア

 連続ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系、火曜午後10時)で、菜々緒さん演じる“鬼編集長”の下、仕事に恋に全力で突っ走る主人公・鈴木奈未を熱演している上白石萌音さん。「普通が一番」という奈未への共感や、菜々緒さんとの劇中とは異なる関係性、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん、間宮祥太朗さんら魅力的なキャラクターを演じる男性陣の印象などを聞いた。

◇主人公に共感「つつましく幸せに生きられたらいいな」

 ドラマは、ファッション誌編集部を舞台にした“胸キュン”お仕事&ラブコメディー。上白石さん演じる地方育ちの平凡な主人公・鈴木奈未は、「普通が一番」という考え方だったが、鬼編集長・宝来麗子(菜々緒さん)の雑用係になったことから、仕事に恋に全力投球することになる。

 そんな奈未とは同意見だといい、「豪邸でなくていいし、高級食材もいらないし、つつましく幸せに生きられたらいいなと思うので、そういう意味では、奈未、分かるよーって」と話す上白石さん。

 「このお仕事を10年くらいさせていただいて、いろいろなものを見て、いろいろな人に出会って、自分では手に負えないくらいのキラキラしたものを見たり触れたりした中で、『ああ、私は普通が一番いいな』って思うんですよね」。そう明かしながらも、「そのものさしを仕事にも当てはめていいのかというと、やっぱりそこは違うんだろうなと思いました。お仕事する上では自信は必要」と話す。

◇“鬼編集長”菜々緒は「おちゃめ」

 「どこかで誰かが笑っている、ほんわかしたすごく居心地のいい現場」という上白石さん。劇中では、菜々緒さんとやり合う場面も多いが、カットがかかると、自ら菜々緒さんに抱きつくこともあるといい、「菜々緒さんはめちゃめちゃおちゃめで。階段の上ですごく驚かせてきたり、ひざカックンしてきたり(笑い)。楽しい方で、(カットがかかると)瞬時に切り替わりますね」と撮影の裏側を明かす。

 2月2日放送の第4話では、人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の玉森裕太さん演じる潤之介に自らキスをする場面も注目を集めたが、玉森さんについては、「すごく頭の回転が早くて、視野が広くて、さりげなく気を使う人で、めちゃくちゃ大人だなと思います」と話す。「玉森さんも、菜々緒さんと同じく、面白いことや楽しいことが好きで、シーンの合間でふざけたりとか、遊んでもらっています」とやりとりを明かす。

◇キスマイ玉森との二人乗りに「キュン」 “ツンデレ”間宮祥太郎も「魅力的」

 第1話では、奈未と潤之介がバイクに二人乗りする場面もあったが、上白石さんにとって初めての二人乗りだったといい、「キュンとしました。二人乗り、いいもんだと(笑い)。前の人にがっとしがみついて、『“大丈夫だよ”みたいな背中が頼りがいがあるな』と思いながらやっていました」と振り返る。

 また、間宮祥太朗さん演じる“ツンデレ”の先輩編集者・中沢も、視聴者から「目の演技でキュンとくる」「めっちゃ応援したくなる」と支持を集めているが、上白石さんも「デレ要素をちょっと多めで作っていらして、『えー! その顔で笑うの?』ってキュンとしちゃいます。すごく魅力的だと思います」と明かす。

 しかし、上白石さんは、子犬系イケメン御曹司(おんぞうし)の潤之介でも、“ツンデレ”の先輩・中沢でもなく、「ユースケさん(宇賀神)派」と、“萌えおじ”副社長・宇賀神役のユースケ・サンタマリアさんの名を挙げる。

 「息を吸って吐くようにジョークを言いつつ、ずっと話をしていて飽きないです」と撮影現場での様子を明かしながら、「脚本をどう形にしていけばいいのかなど、対等に相談しながら、導いてくださる」「たまにお会いできると、指標が定まるというか、“裏ボス”って感じ(笑い)。私の支えです」と感謝を口にする。

 ◇「一緒に一喜一憂しながら楽しんで」

 今回のドラマは、「恋はつづくよどこまでも(恋つづ)」のスピンオフ「まだまだ恋はつづくよどこまでも」を担当した脚本家・田辺茂範さんのオリジナルで、松本明子プロデューサーや演出の田中健太さんら「恋つづ」スタッフが再集結した。「恋つづ」出演時のインタビューでは、「声」を大切にしたと話していた上白石さんだが、今回、奈未を演じる上でも監督と声の話をしたといい、あえて低めの声で臨んだ。

 「わりと普段の自分のテンションに近い感じでいいのかな。ちょっと体育会系な、部活バリバリやっていましたという感じの、発声もちゃんとしているような……」とイメージを明かす。「ドラマの撮影って、心の声みたいな部分を最初に撮って、現場で流していくんです。この間、クランクイン当時収録したものが流れたんですけど、全然奈未の声じゃなくて。それは仮録音だったので撮り直すのですが、『定まってきたな』というのは実感しました」と手応えも明かす。

 ドラマはファッション誌編集部が舞台ということもあり、ハイブランドのアイテムなども多数登場するが、自身の好きなファッションは「ゆるゆる(笑い)。ゆるめの、くすんだ色で、着心地がいいもの」という上白石さん。「奈未のファッションがどういうふうになっていくのか楽しみです。洗練されていっていい気もするし、今の感じを大事にしてほしい気もします」と思いを巡らせつつ、視聴者に向けて「火曜午後10時なので、胸キュンがちりばめられております。一緒に一喜一憂しながら楽しんでいただけたらいいなと思います」と呼びかけていた。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る