検索
1 / 4

LiSA:「可愛く歌う」ため松浦亜弥を学んだ過去、下積み時代を明かす 「A-Studio」で涙の熱唱も

Twitterでシェア

 歌手のLiSAさんが6月11日に放送されるトークバラエティー番組「A-Studio+(エー・スタジオ プラス)」(TBS系、金曜午後11時)にゲスト出演する。MCの笑福亭鶴瓶さんと実は6年前に対面していたというLiSAさんは、昨年大ヒットを記録した劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の主題歌「炎」の製作裏話や下積み時代のエピソードなどを明かす。予告映像では、LiSAさんが「自分の中の可愛いを探すために、松浦亜弥さんを勉強した」と明かす姿や、親友の登場に思わず涙するシーンなどが収められている。

 「A-Studio+」は、笑福亭鶴瓶さんと人気グループ「Kis-My-Ft2(キスマイフットツー)」の藤ヶ谷太輔さんがMCを務める番組。MCがゲストの家族や友人、知人などに取材を行い、取材で得た情報を基にゲストの素顔に迫る。

 鶴瓶さんは、LiSAさんが今も変わらず親しくしている高校時代の親友2人に取材。3人でUSJに一緒に遊びに行ったエピソードや、LiSAさんの地元給食で使われている牛乳のパッケージの色が、「赤色」からLiSAさんのイメージカラーの「ピンク」に変更された話題などが語られる。友人の登場に驚いたLiSAさんが、思わず涙を見せる一幕もある。

 子供の頃「SPEED」に憧れていたというLiSAさんは、11歳の時に幼なじみに誘われて沖縄のダンススクールのオーディションを受け、親元を離れ単身沖縄に移住し、ダンスや歌のレッスンに通っていたことを告白。藤ヶ谷さんは、LiSAさんと一緒にオーディションを受けた幼なじみにも取材する。

 さらに鶴瓶さんと藤ヶ谷さんは、沖縄時代にLiSAさんがホームステイでお世話になっていた家族や、LiSAさんをソロデビューに導いた、スタッフ2人にも取材する。ホームシックを紛らわせるため、時には携帯電話代がとてつもない金額になっていたことや、「可愛く歌う」ことを要求されたLiSAさんが、アイドルの映像を見て勉強をしていたエピソードなども明かされる。

 番組最後には、俳優の山崎賢人さんの主演映画「夏への扉 ーキミのいる未来へー」(三木孝浩監督、25日公開)の主題歌「サプライズ」を生演奏でスタジオ披露。友人や恩人、母への思いを込めて涙の熱唱を見せる。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る