検索
7月スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」で主演を務める中川大志さん=読売テレビ提供
1 / 3

中川大志:凛々しい空手着姿でトレーニングも “間が悪い”殺し屋役で撮影スタート

Twitterでシェア

 俳優の中川大志さんが主演を務める、7月4日スタートの連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)がこのほどクランクインした。肝心な時に必ず失敗する“間が悪い”殺し屋・男虎柊(おのとら・しゅう)を演じる中川さんは、撮影初日には子供たちとのシーンや凛々(りり)しい空手着姿でトレーニングを行う場面などを撮影した。

 ドラマは、殺し屋とミステリアス美女のラブコメディー。“伝説の殺し屋”である育ての親・丈一郎(藤木直人さん)を殺され、仇(かたき)を討つために殺し屋になった殺し屋初心者の柊は、暗殺のターゲット・鳴宮美月(なるみや・みつき、新木優子さん)に近づくが、間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せず、それどころか、危険が迫るターゲットを守ってしまい……というストーリー。

 この日の撮影は、柊が殺し屋となる前の日常シーンからで、柊は育ての親・丈一郎の経営する清掃会社で働いている設定のため、中川さんは作業着姿で登場。子供たちが木に引っかけてしまった風船を、身体能力を駆使して回収するが、枝にぶつかって割れてしまうという“間が悪い”一場面も撮影され、立派な松の木に、中川さんは「想像してた3倍ぐらい高い。届くのかな」とちゃめっ気たっぷりの表情を見せた。また、持ち前の明るさと“コミュ力”の高さで、子供たちとすぐに仲良くなり、撮影後にはすっかり懐かれ、優しい笑顔を向ける様子も見せていたという。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る