検索
/article/20210703dog00m100001000c.html?photo=005
5 / 7

冨永愛:越後で「牛の角突き」をリポート 「世界ふしぎ発見!」でミステリーハンターに初挑戦 きょう放送

Twitterでシェア

 モデルの冨永愛さんが出演する長寿クイズ番組「世界ふしぎ発見!」(TBS系、土曜午後9時)が7月3日に放送される。冨永さんはミステリーハンターに初挑戦し、佐渡を除く現在の新潟県に当たる「越後」を訪問。今、世界からも注目されているという、その魅力に迫る。

 冨永さんは「実はクリスタルヒトシ君を勝ち取ることと、ミステリーハンターになることが子供の頃の夢でした」と明かし、「クリスタルヒトシ君は回答者として番組に参加した時に、そして今回のミステリーハンターで、二つの夢がかない感無量です」とコメント。「またスタッフの皆さんが丁寧に、番組に愛情をもって取材していることに感心しました」と制作の裏側についても語った。

 番組で冨永さんはまず、魚沼市のお寺で、江戸時代に活躍した越後の名匠による彫刻を見学。「この彫刻家のことは初めて知りましたが、作品の素晴らしさに感動して、より多くの人に知ってほしいと思いました。日本の文化遺産になりえる貴重なものと出合えたことに感謝します」と感動を語っている。また美術館では、当初の予定にはなかったものの、冨永さんが好きだという「縄文時代に使われた火焔型土器」の展示を見学し、興奮する様子も。

 山古志村では、世界でも珍しい「牛の角突き」という伝統行事の様子をリポート。闘牛場では、大きく荒々しい牛が怖かったという冨永さん。しかし翌日、牛舎を訪れた時には、その印象が一変。「あまりの牛の愛らしさに驚き、感動して、牛のオーナーになろうかと思うほどでした!」と振り返っている。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事