検索
/article/20211204dog00m100016000c.html?photo=001
1 / 6

世界遺産:巨大な神々が守る天空のピラミッド トルコの「ネムルト山」の秘密に迫る

Twitterでシェア

 女優の杏さんがナレーションを務める、TBSのドキュメンタリー番組「世界遺産」(日曜午後6時)。12月5日は「ネムルト山~標高2150mの山頂に天空のピラミッド~」と題し、トルコ東部の高原地帯にそびえる「ネムルト山」を取り上げる。

 19世紀の終わり、トルコ東部のネムルト山の頂で「天空のピラミッド」が発見された。小石を積み上げて作られた円すい形のピラミッドは、高さ50メートル、直径150メートル。周囲には高さ2メートルを超える巨大な顔が並んでいた。その後の調査で、それはゼウスやアポロンなど神々の石像であることが判明する。ピラミッドは2000年前にこの地を支配した「コンマゲネ王国」の国王、アンティオコス1世の墓だった。

 「コンマゲネ」という謎の王国は、古代ギリシアとペルシアを結ぶ交易路にあり、高原地帯には泉の湧く宿場町や夏の離宮が残っている。川沿いの岩山には「ゲルゲル城」と呼ばれる、自然の地形を利用した奇妙な砦もあった。

 石積みのピラミッドは、王墓が盗掘に合わないための工夫であった。横穴を彫ろうとしても上から小石が崩れてくるため、内部の調査も進まず、いまだに玄室の入り口すら見つかっていない。

 墓を守る巨大な顔は石像の胴体から転げ落ちたものであり、かつては聖なる山の頂で国の平安を願う儀式も行われていたという。石像はギリシャとペルシャの二つの文化が融合したもので、顔立ちやあごヒゲはギリシャ風で、ペルシャ風のとんがり帽子をかぶっている。墓に眠るアンティオコス1世の血筋に由来するものであるという。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事