検索
永野芽郁さんが主演を務めるドラマ「ユニコーンに乗って」のビジュアル=TBS提供
1 / 2

永野芽郁さんが主演を務めるドラマ「ユニコーンに乗って」のビジュアル=TBS提供

永野芽郁:「仕事に恋に真っすぐ、大人の青春物語です」 23歳で企業したCEOに 主演連ドラ7月期に放送

 女優の永野芽郁さんが、7月期に放送される連続ドラマ「ユニコーンに乗って」(TBS系、火曜午後10時)で主演を務めることが5月17日、明らかになった。永野さんは教育系アプリを手掛けるスタートアップ企業のCEO成川佐奈を演じる。「私自身も佐奈という役にパワーをもらいながらこの夏を一緒に過ごしたいと思います。仕事に恋に真っすぐ生きる大人の青春物語です」とアピールした。

 自身が演じる役については、「自分の経験から目標を定め、実現させるためにひたむきに努力を続ける人です。初めて台本を読んだ時の印象も『エネルギッシュな人だな』でした(笑い)」とコメントしている。

 成川佐奈は23歳で起業した、教育系アプリを手掛けるスタートアップ企業「ドリームポニー」のCEO。「ドリームポニー」が、評価額が10億ドル以上、設立10年以内の非上場のベンチャー企業を指す「ユニコーン企業」になることを目標としている。仕事を優先し、恋愛に関しては無頓着。そんな彼女のもとに、スタートアップ企業の雰囲気とは似ても似つかない中年サラリーマン・小鳥智志(ことり・さとし)が転職してきたことで、佐奈の環境は大きく変化していく……というストーリー。

 岩崎愛奈プロデューサーは、「主人公・成川佐奈は、頑張り屋だけど不器用で……というとても親しみやすい女性。だけど普通とちょっとだけ違うのは、思い切って『一歩』を踏み出してみたという点。そんな実直で純粋な佐奈を、永野芽郁さんに演じていただけることがうれしくてたまりません。初めてお会いした永野さんは、キラキラとした瞳で人懐っこく笑う女性で、一瞬で魅了されてしまいました。永野さん演じるCEO佐奈が率いるチームの一員になったような気持ちで、ぜひ彼女たちの夢や恋の行方を見守ってください」とアピールした。

写真を見る全 2枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事