検索
/article/20220618dog00m100013000c.html?photo=006
6 / 8

横山めぐみの大人クローゼット:第2回 雨の日も楽しく! サクランボ色のレインコート&ブーツでおでかけ

Twitterでシェア

 キャリア35年、「今までプライベートを発信することを避けてきた」という女優の横山めぐみさんが、自らペンをとり、私生活をつづる連載「横山めぐみの大人クローゼット」。第2回は、雨の日も楽しく過ごせるようなレインコートやレインブーツのコーディネートを紹介します。

 ◇雨は「完全プロテクトして楽しんじゃえ!」

 雨の日があまり好きではありません。

 ジメジメと湿度が高く、ヘアスタイルも決まらず、大切な靴が水没するのも、お気に入りの服が濡れるのも、ちょっと憂鬱。

 それならばいっそ、「完全プロテクトして楽しんじゃえ!」

 ということで、私はレインコートもレインブーツも着用しておでかけします。

 「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュフィロソフィー)」のポケッタブルレインコートは、気分が上がるように思い切って、サクランボのような赤をチョイス。

 こちらのレインコートを購入したのは5年くらい前でしょうか。ショップのスタッフの方は濃いパープルを勧めてくださいましたが、ネービーのものをすでに持っていたのと、楽しい気分になれるような明るい色が欲しかったので、初志貫徹ということで、鮮やかな赤をチョイスしました。

 自分の気持ちは大切にした方が良いですね。以来お気に入りで、愛用しています。

 レインブーツはその日のファッションに合わせて、ロングやショート、カラーもいろいろ、気に入ったものを買い集めているうちにバリエーション豊かになりました。

 今日は「シャネル」のブーツと「ARMANI COLLEZIONI(アルマーニ・コレッツィオーニ)」の麻のワンピースに、パールのネックレスをコーディネートしてみました。

 シャネルのレインブーツは10年ほど前に購入。来年の春になったら、これを履いて、湯河原の友人宅近くの河原に、クレソンを摘みに行く約束をしています。

 ◇年齢を重ね、しっくりなじむようになった「真珠」

 パールのネックレスは祖母から母、そして私へ受け継がれたものです。

 母方の祖母と私の母は、美容師でした。

 戦後、祖母が焼野原に建てた美容室は、その名も「パール美容室」。

 よほど真珠が好きだったのか、家には真珠のアクセサリーがたくさんありました。

 ヒロインを演じた「真珠夫人」(BS11で再放送中)にも、何かのご縁を感じたものです。

 真珠というのはなんとも上品で、レトロな風情がありますね。ほかにもブローチや指輪などを残してくれたのですが、ブローチは市販のパーツを使えば帯留めにもなることが分かり、重宝しています。

 真珠も若いころより、年を重ねた今の方がしっくりなじむようになった気がしています。

 断捨離が推奨される今日この頃ですが、品質の良いもの、家族の歴史や思い出が詰まったものは、大切にしまっておいた方が良いようです。

 時代も流行も巡ります。いつか活躍する日が来るかもしれないですものね。

 こちらのコーディネートで雨の日も元気100倍! 足取りも軽く、さあ、おでかけしましょう。

 <プロフィル>

 よこやま・めぐみ 1969年9月2日生まれ、東京都出身。1987年放送の「北の国から’87初恋」で吉岡秀隆さん演じる純の恋人・れい役で女優デビューを果たした。2002年放送の昼ドラ「真珠夫人」ではヒロイン・瑠璃子を演じ話題に。ミステリーアドベンチャーゲーム「春ゆきてレトロチカ」(スクウェア・エニックス、Nintendo Switchほか)に実写キャストとして出演。今年5月にインスタグラムとツイッターのアカウントを開設した。

ファッション 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事