検索
東京都書店商業組合の「#木曜日は本曜日 プロジェクト発表会」に出席し手書きのPOPを掲げる上白石萌音さん
1 / 16

東京都書店商業組合の「#木曜日は本曜日 プロジェクト発表会」に出席し手書きのPOPを掲げる上白石萌音さん

上白石萌音:書店通いは「自分へのご褒美」 伊坂幸太郎の「アイネクライネナハトムジーク」が運命の一冊

 女優の上白石萌音さんが10月6日、八重洲ブックセンター本店(東京都中央区)で開催された、東京都書店商業組合の「#木曜日は本曜日 プロジェクト発表会」にゲストとして出席した。書店へは「よく行きます」といい、「行くとすごくお金を使ってしまうので、(自分への)ご褒美として行くことがある。あとは時間が空いたらすぐ近くの本屋さんを探して行って、時間をつぶしています。月に2、3回は行っている」と明かした。

 本を買うことは「浪費という感じがまったくしない。ちゃんと自分への教育のために買っている、肯定されている感じがする。いいお金の使い道」と述べた。

 また、「運命だと感じた一冊」を聞かれると伊坂幸太郎さんの小説「アイネクライネナハトムジーク」(幻冬舎)を挙げた。「伏線回収が見事。記憶を消して、まっさらな気持ちでな気持ちでもう一度、読みたいと思うくらい初めて読んだときの感動が忘れられない。何度読んでも『ああ……、そうだった!』と心がブルブル震える感覚があります」とその魅力を語った。

 発表会では上白石さんが薦める本が並べられ、その中から同作を手に取ると「私物なので、ここに並ぶと(他の本と)ツヤ感が違う」と苦笑。「何回も読んでいる。手になじむ、愛着がある、大切で大好きな一冊です」と笑顔を見せた。

 東京の書店向けにメッセージを求められる場面もあり、「一生通います!」と回答。「人生何が起こるかわかりませんが、一生本を読んでいる自信はある。一生お世話になります」と力を込めた。

 東京都書店商業組合は、書店への来客数増加を目指し、「#木曜日は本曜日」プロジェクトを開始した。この日、上白石さんは、書店員姿でPOPの作成に初挑戦した。

写真を見る全 16枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事