毎日キレイ

  1. HOME
  2. エンタメ イケメン
  3. 記事
エンタメ,イケメン

ディーン・フジオカ:「好きやで…ほんまに」 関西弁の告白にファン歓声

なんばパークスシネマで行われた映画「結婚」の舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん

なんばパークスシネマで行われた映画「結婚」の舞台あいさつに登場したディーン・フジオカさん

 俳優のディーン・フジオカさんが13日、なんばパークスシネマ(大阪市浪速区)で行われた主演映画「結婚」(西谷真一監督、24日公開)の舞台あいさつに、西谷監督とともに登場した。観客から好きな関西弁をリクエストされると「『おおきに』は入門編ですもんね……。せやなあ」「好きやで……ほんまに」と照れくさそうに答え、歓声を浴びていた。

 同作で結婚詐欺師役を演じるフジオカさんはオファーを受けた際の印象を「最初は『犯罪者かー』でした。実は、もともと監督と映画をやりたいという気持ちがありましたから。で、今回は犯罪者か……と思いながらも、ぜひやりましょう!と返事しました」とジョーク交じりにコメント。また、撮影で印象に残っているシーンについては「難しかったのはピアノを弾くシーンですね……。ピアノは本当に弾いてます」と話し、「音を録(と)ってから演技をかぶせるのが普通なんですが、弾きながらせりふのやりとりをするという、まるでミュージカルのようなシーンでしたから、なおさら難易度が高かったですね。もうライブを何度もやる感じでしたよ」と振り返った。

 「結婚」は直木賞作家・井上荒野さんの同名小説が原作。古海(うるみ)健児(フジオカさん)は完璧なビジュアルや香り立つ色気で女性たちをとりこにする結婚詐欺師で、あるときは小説家、またあるときは空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。だまされた女性たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが……という内容。

エンタメ 最新記事

GENERATIONS白濱亜嵐&佐野玲於:「HiGH&LOW」“ハードアクション”撮影の苦労明かす

 「EXILE TRIBE」によるエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の劇場版新作「HiGH&LOW THE MO...

おそ松さん:TGCコラボ再び 描き下ろしイラストも公開

 10月にテレビアニメ第2期がスタートする「おそ松さん」と、9月2日にさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催されるファ...

スプツニ子!:だから「合コンでモテない」? 細胞Tシャツ姿で理系女子ならではの妄想披露

 音楽や映像制作を中心とした活動で知られるアーティストの「スプツニ子!」さんが18日、西武渋谷店(東京都渋谷区)で開催された展覧会...

吉瀬美智子:長谷川京子、板谷由夏と“ママトーク” 「ボクらの時代」に出演

 女優の吉瀬美智子さんと長谷川京子さん、板谷由夏さんが20日放送のトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系、毎週日曜午前7時)に出...

神木隆之介:俳優業を語る 引く手あまたの現状も「いつも不安」 「サマーウォーズ」放送

 2009年に公開された細田守監督の劇場版アニメ「サマーウォーズ」が18日、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系、午後9時)で放...

注目動画

アクセス上位記事