検索
1 / 21

中村倫也:今年は「生涯、財産になる仕事できた」 門脇麦、佐久間由衣らと「ELLE」の映画賞受賞

Twitterでシェア

 俳優の中村倫也さん、女優の門脇麦さん、佐久間由衣さん、写真家で映画監督の蜷川実花さんらが12月12日、東京都内で行われたファッション誌「ELLE(エル)」(ハースト婦人画報社)が主催する映画賞「エル シネマアワード2019」の授賞式に出席。今年、声優を務めるディズニー映画「アラジン」のプレミアム吹替版が公開されるなどした中村さんは「今年目覚ましい活躍をした男性」に贈られる「エル メン賞」を受賞し、今年の活動について「不安がいっぱいだったけど、手応えを感じた1年でしたね。生涯、財産になるような仕事をさせていただいた1年だった」と振り返った。

 また「年の終わりに、こんな華々しい賞をもらえるなんて全く思っていない人生だったので、非常に光栄に思っています」と喜び、ディオールのタキシードを着こなした自身の姿を「今日は5割り増し。これが限界です」とちゃめっ気たっぷりに表現した。

 門脇さんは「日本の映画界で輝く女優」に贈る「エル ベストアクトレス賞」を受賞。「今年公開の映画は私よりも年下の若いキャストの方々と仕事する機会が多くて、私も未熟者ですし、気持ちは若手なんですけど、もう若手の気分じゃいられない。現場を支えられるような、現場を引っ張っていけるような人間になりたいと思った1年でした」とコメント。ファッション誌の賞であることから「今日は普段の映画祭とは興味が違う方に発信できる場。映画は見て何かを感じていただけることで完成すると思う。こういう形でジャンルを超えて広がっていけば」と思いを語った。

 佐久間さんは、今後の活躍に期待したい「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞し
「本当に身に余る光栄な気持ちです」と喜んだ。「作品の数ではなく、一つ一つ丁寧に向き合える作品に出合えたことが幸せ。この仕事はどこまでも果てしなく他力本願な仕事。その中で、ここに立てていることを、改めて関わってくれた皆さんに感謝したいです」と仕事への思いとともに感謝の気持ちを述べた。

 蜷川さんは「日本の映画界で輝く監督」に贈る「エル ベストディレクター賞」を受賞。「去年から今年にかけて映像の作品が多くて、髪を振り乱して必死にやっていた。(受賞で)大好きなエルから背中を押してもらえて、今もいろんな大変なことがあるんですけど、そんなことにめげずに、来年も頑張ろう(という気持ち)。本当にうれしいです」と話した。

 「エル シネマアワード」は、2015年にスタートした賞。文化人や映画ジャーナリストら約50人の審査員が独自の視点で選出した、“今年ベストの映画”を表彰する「エルシネマ大賞」のランキングも発表された。同賞の1位は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、2位は「女王陛下のお気に入り」、3位は「マリッジ・ストーリー」だった。12月19日から同誌のサイト「エル オンライン」で選評などが公開される。

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る