検索
映画「アオラレ」の公開記念トークショーに登場した井上咲楽さん
1 / 7

映画「アオラレ」の公開記念トークショーに登場した井上咲楽さん

井上咲楽:免許取得1年で“初あおられ”を疑似体験 現実なら「トラウマになりますね」

 タレントの井上咲楽さんが5月12日、東京都内で行われた映画「アオラレ」(デリック・ボルテ監督、28日公開)の公開記念トークショーに出席した。イベントでは映画のテーマの「あおり運転」が体験できるドライブシミュレーターが用意され、自動車の運転免許を取得してから約1年という井上さんが挑戦。「現実で起こったら、トラウマになりますね」「これ一回やられたら、一生車乗れないと思います」と“初あおられ”の恐怖を語っていた。

 また、井上さんは、免許を取得してからの車にまつわる忘れられない出来事を聞かれると、地元での運転エピソードを披露。「実家で(帰ったとき)たまに乗る」という井上さんは、「家族を乗せると、私の運転が心配だからと、私が運転するときだけ全員ヘルメットを被って乗っています。工事現場の人が被っているような白いやつ」と家族が乗車したときの様子を明かし、「超異様だと思いますよ。対向車びっくりしていると思いますよ。みんなびっくりしていると思います」と苦笑いで明かしていた。

 映画は「グラディエーター」でアカデミー賞主演男優賞を受賞した俳優のラッセル・クロウさんの主演作で「あおり運転」の恐ろしさを描いた作品。ある日青信号で動かない車を追い越した美容師のレイチェル(カレン・ピストリアスさん)は、追い越した車のドライバーの男から謝罪を求められる。レイチェルは拒絶して車を出すが、ガソリンスタンドの売店で男につけられていることに気づき……というストーリー。

 イベントには俳優の柳沢慎吾さんも出席。コロナ禍で断捨離をしているという柳沢さんから普段の過ごし方を聞かれると、井上さんは「私は最近だと、棚の色を塗ったり、粘土で遊んだりとかしています。おうちにいます。飼っているハリネズミと遊んだり……。外に出ても、10キロ走ったりとかランニングぐらいですね」と日常を明かしていた。

写真を見る全 7 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る