検索
11月5日放送の「徹子の部屋」に出演する大黒摩季さん=テレビ朝日提供
1 / 3

11月5日放送の「徹子の部屋」に出演する大黒摩季さん=テレビ朝日提供

大黒摩季:「大黒摩季は終わった」と言われた過去告白 人気絶頂の頃から闘病生活、母の介護も 「徹子の部屋」初出演

 歌手の大黒摩季さんが、11月5日に放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系、月~金曜午後1時)に初出演する。大黒さんは歌手活動の裏での闘病生活などを告白する。

 22歳でデビューし、力強い高音で“強い女”を歌いヒット曲を連発した大黒さん。しかし実は人気絶頂の頃から、子宮疾患により闘病生活を送っていたという。激痛に耐えながらステージに立ち、少しでも声の出が悪いと「大黒摩季は終わった」と言われたことも。

 40歳のとき治療に専念するため活動を休止するが、ちょうどその頃、脳出血で半身麻痺となっていた母の介護生活も始まる。後遺症で認知障害のある母の介護の中で大黒さんが活用したのは、かつて、歌詞を書く材料にするために実家から持って来た“父のラブレター”だったという。

 また大黒さんは、番組初出演にあたり急きょ作ったという、黒柳さんをイメージしたオリジナル曲を熱唱。黒柳さんからのリクエストに応え、“あの名曲”も披露する。

写真を見る全 3枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事