検索
2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に主演する高畑充希さん=テレビ朝日提供
1 / 2

2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」に主演する高畑充希さん=テレビ朝日提供

高畑充希:「できるだけ避けていきたいと思っていた…」 初の医師役に本音ポロリ

 女優の高畑充希さんが、2021年1月スタートの連続ドラマ「にじいろカルテ」(テレビ朝日系、木曜午後9時)で主演を務めることが、このほど分かった。高畑さんは主人公の“秘密”を抱えたドクター・紅野真空(くれの・まそら)役で、医師役に初挑戦する。

 「にじいろカルテ」は、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」やドラマ「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)などの脚本家の岡田惠和(よしかず)さんが手がける、初の医療ドラマ。映画「神様のカルテ」やドラマ「僕とシッポと神楽坂」の深川栄洋監督が演出を担当する。

 東京の大病院の救命救急の現場で、夢と誇りを持ちながら働いていた真空は、ある日突然“とある病”が発覚。しかし、医者だからといってお金もないし、仕事も続けたいし……と困った真空は、偶然知った山奥の小さな村の診療所で、病を隠して働くことに。たどりついた“虹ノ村”で待ち受けていたのは、ヘンテコな外科医と看護師という、男性2人との一つ屋根の下のシェアハウス生活。真空は村で個性豊かな村人たちに出会い、時に笑い、時に泣き、ケンカしながらも、熱く命と向き合って成長していく……というストーリー。

 高畑さん演じる真空は、村の老人たちの長い話にも付き合い、色とりどりの色鉛筆で手書きのカルテを作る頑張り屋の医師という一面もあるが、プライベートでは家事能力が絶望的に低く、部屋も散らかり放題で、料理のセンスもゼロ、という役どころ。へこんだら泣き、うれしい時はキャッキャと喜び、イラっとしたら思いっきり顔に出す、というキャラクター。

 高畑さんは「真空は『こういうキャラクターです!』となかなか言い切れない不思議な人なんです」と印象を話し、「今作はみんなで作っているという感じが強く、『真空はこういう人だから』と気負わずに、その時起こったことを楽しみながら演じていきたいと思っています」と語っている。

 初挑戦の医師役については「私は説明ゼリフを覚えるのが苦手だから、お医者さん役とか弁護士さん役とかをできるだけ避けて生きていきたいと思っていたんですが……(笑い)」と明かしつつ、「今作はもちろん医療ものではあるんですけれど、医療シーンがものすごく少ないドラマで、たまにそういうシーンがあると、みんなで『そういえば医療ものだったね』って言いながら撮影しています。この作品は真空が持病を持っているということもあり、『病と共存しながら生きる』という、どちらかというと人間関係や生き方などをテーマにした作品なので、意識せずにいられています」と話している。

写真を見る全 2 枚
Twitterでシェア

エンタメ 最新記事

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事

このページのトップへ戻る