検索
霧島ホテル名物混浴大浴場。宿泊客のみ女性専用タイムがある
1 / 11

霧島ホテル名物混浴大浴場。宿泊客のみ女性専用タイムがある

日本の名湯:巨大な混浴エリア、男女別エリアがある温泉ワンダーランド 鹿児島・霧島の「硫黄谷温泉 霧島ホテル」

 旅行に行くなら、グループで一緒に入浴を楽しめる温泉はいかがだろうか。せっかくみんなで旅行に来たのに男女で別々の浴場に入るのはさみしいという人もいるのでは。鹿児島・霧島にある「硫黄谷温泉 霧島ホテル」の硫黄谷庭園浴場はそんな要望を満たしてくれる“温泉ワンダーランド”ともいえる場所だ。

 同浴場は、中央の巨大なフリーゾーンが混浴エリア。特に巨大プールのような大浴場はミルキーブルーのにごり湯のうえ、バスタオルを巻いて入浴することが可能なので、周囲の目を気にすることなく温泉を楽しめる。バスタオルは有料でレンタルできる。

 フリーゾーン以外にもたくさんの浴槽があり、立ち湯や打たせ湯、露天風呂など、女性向けには全部で11の湯めぐりを楽しめる場所がある。男女別エリアもあるので、混浴が苦手という人も、思う存分に温泉気分を味わえる。また4種類もの泉質があり、余分な角質や皮脂のオフや保温力、保湿力などいずれも美肌へ導く効果が期待できる。サウナもあるので、サウナ好きにもおすすめだ。日帰り入浴も可能。

 ホテルは前身の霧島館時代を含め、300年以上の歴史がある。寺田屋事件で負傷した坂本龍馬とその妻おりょうが、療養と日本初の新婚旅行で訪れたという、老舗ホテルなのだ。龍馬に関する資料もたくさん展示されており、歴史ファンの心もくすぐる。

 またホテルの横には約3万本の杉がそびえたつ「百年杉庭園」があり、その壮観なたたずまいは見事というほかはない。客室はリニューアルが進み、食事も黒豚や軍鶏(しゃも)、きびなごなど鹿児島の恵みをぜいたくに使った郷土料理がおなかと心を満たしてくれる。

 ホテルから車で30分以内には霧島神宮や霧島アートの森、大浪池など人気の観光スポットもある。ファミリーやカップル、友人同士の集まりでにぎやかに楽しめること間違いなしだ。

 <プロフィル>

 朝香。モデル・美肌温泉家。慶応大卒。温泉ソムリエアンバサダーなど数々の温泉資格を持ち、日本温泉気候物理医学会など多数の学会に所属。美容効果が期待できる温泉やその効能をより引き出す入浴法を広めようと日々活動している。自治体の観光PRの監修・アドバイザーなども務める。

写真を見る全 11枚
Twitterでシェア

キレイニュース 最新記事

Pick Up

フォローしてね!

毎日キレイ Twitterはこちら

アクセス上位記事